M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
邂逅
東京でひとり道路を歩いていると、地面に小さなカードが数枚落ちており、よくよく見ると「ヤマトくじ」、「近くの事務所までもってきてください。ヤマトのことならなんでも願い事かなえます」と書いてある。
「これはいってみよう」と思い、カードに描いてある略地図に従って歩いていると、落ち着いた街並みのアーケード街の中のビルの3階にある事務所に着いた。奥を覗くと円形のテーブルがあって、そのお誕生日席のようなところに、誰かこの事務所を仕切っているらしい人が座っていた。男性だが曇りガラスのパーテーションが間にあって誰だかわからない。僕は、受付のカウンターで「こんにちは」「これ、ここで使えるんでしょうか」とカードを差し出した。若い女性の秘書みたいな人が出てきて「大丈夫ですよ、承ります」と云って、僕の手からカードを受け取った。「願い事をまだかいてないんですが」「書かなくていいんです。くじですから、当たったものが望み通りの場合もあるし、そうでない場合もあります」秘書みたいな人はそう言って会釈して奥で円形テーブルの誕生日席で仕切ってる人にカードを渡した。
しばらく待った。
その間、円形テーブルでは、先に通されたヤマトファンらしい人たちが席について、ヤマトのプラモについて話をしていた。音は聞こえないのだが、手にヤマトの模型を掲げたりしているのでなんとなくそう思った。そして、僕は、「自分のヤマトについての願い事は何なのだろう」と自ら考えた。漠然としていてわからない。映像ソフトも模型もお金を出せば手に入る。くじをわざわざ引く必要はない。そもそも一体ここはどこなのか。
やがて、僕の番がやってきて、秘書さんが部屋に通してくれた。お誕生日席の男性はラフながら、しゃれた感じの服装で、「やあ、ようこそ、いらっしゃい」と僕に声をかけてくれた。「これ、見るかい」といって大きいスケッチブックを開いて見せてくれた。そこには、今まで見たことが無い、ラフスケッチのヤマトの絵が描いてあった。未知のヤマトだ。「どうかな」とお誕生日席の男性。僕は、感動で声を震わせながら、「か、かっこいいです!」といった。男性は云った。「新しいヤマトなんだよ」。男性の周りには、ヤマトの新製品グッズが梱包されたままお洒落にディスプレイされていた。プラモに限らない。すべて箱に入っていた。「ゆっくりみていきなさい」と男性は鷹揚に云った。「はい」といって、僕は、陳列棚を観た。値札もついていて手に取ることもできた。買って帰れるならそうしたいと思って手に取った。軽かった。箱の中にはまだ何も入っていないようだった。
僕は黙って箱を元のところに戻した。男性は苦笑した。「まだ中身は完成してないんだ」僕は、「じゃ、また近いうちに来ます。その時買わせてください」といった。男性は微笑しながら「ふふふ、そうそうここへやってくることはできないよ。今日は特別だ」と答えた。僕は寂しそうな表情を浮かべたかもしれない。すると、その男性は「いつかまたいらっしゃい。ずっと先になるかもしれないけど」と云ってくれた。名刺をくれた。そこにあった名前は・・・プロデューサーだったあの人の名前だ。 ここはこの世ではないのかもしれない。だとすればどこだ・・・。

目が覚めると2017年7月15日朝の神戸に居た。
僕は前日14日仕事で遅くなり、横浜ブルクのアンドロメダを観に行くことは不可能となり、それでも大阪のヤマト2202第二章の最終上映に行こうと思っていたが、妻に止められ、家でおとなしくして眠りについたのだった。

「書かなくても確かに願いはかなったのかもしれないな」と僕は思った。
[874] 艦長 (2017/07/15(Sat) 17:44:38)

>感動者さん
 コメントありがとうございます!!
 
 あの方を生で拝見したのは復活篇のプレミア先行公開の日に車いすで客席のファンに涙を流しながら感謝の気持ちをお話になった時で、それが私にとっては最初で最後の機会でした。ですので、夢の中でもその姿でお会いしました。
 夢で見た新ヤマトは、基本的には我々の知っているヤマトをベースにしながらも、いろいろ斬新なデザインがあり、本当に感動しました。単なる私の妄想かもしれませんが、あの世でも続編の製作がされているのかなと思いました^^

 また、来てちょう、感動者さん!!
[876] 艦長 (2017/07/18(Tue) 22:49:27)

Re:邂逅
夢で、某プロヂューサーに会えたのですね(^^♪
そして、未知のヤマトも見たとは!

確かに、書かなくても夢はかなったかもしれないですね。

忘れないうちに、見たヤマトを絵で書き起こして残しておいてください。
正夢になるかもしれませんよ〜!


[875] 感動者 (2017/07/18(Tue) 01:16:02)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」]
Back >> [我が征くは北の札幌 ヤマトモデルプレーンを求めて]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]