M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
2014パリへ(12)ルーブル美術館
ルーブル美術館
どんな旅にも終わりがある。
僕らのパリ旅行もいつの間にか事実上最後の一日を迎えていた。
2014年1月下旬のパリ。
明日にはもう日本に帰るのかと思うと寂しさが募った。
その日の午前中、僕らはルーブル美術館に行った。
かつてのフランス王家の宮殿 ルーブル宮が、美術館として一般に公開されたのは1793年のことである。その後、ナポレオン1世が各地から持ち帰った膨大な戦利品の数々をルーブルに飾った。現在30万点に及ぶ収蔵作品、美術館では約900万人の観覧客であり、世界でこれを抜く者は無い。
諸先輩からの助言、ガイドブックでも必ず紹介されている名所である。事前の調査段階で、「この美術館をみるだけのために、パリに来る人がいる」というほどの場所であり、「一日中この中に居ても飽きない」という話も聞いていた。チケットもその日のものなら一日中出入りもできるものである。
だが、残念ながら、僕らには、まる一日をこれに当てることはできない。
まだ僕らはエッフェル塔に上っていない。
これも必須の目標として本日の行程に組み込んでいたため、ルーブルは午前中に廻ることと決めていた。

広大な美術館をポイントを押さえて回るため、ツアーに参加することとした。
なんでもかんでも自力で、と意地を張る必要はどこにもない。借りられる力は借りて楽しめばいいのである。

ツアーは現地集合だった。
ルーブル美術館の場所自体はパリのど真ん中にあるので迷わずに到達できる。
もっともこれは数日自分で歩いたり迷ったりした末に得た土地勘である。
初日であれば迷っていたに違いない。

ツアー参加者は、僕らを入れて日本人客ひとり(女性、たぶん30半ばから40代前半)が加わり三人編成。その日本人客は、現在フランスに住んでいるが(だから正確には日本人ではなくフランス人である。)、きちんとしたガイドに解説してもらってルーブルの美術を見たいと思って参加したそうである。日本では何と加古川在住であった。加古川といってもピンとこない方の方が多いと思うので補足すると神戸から電車で一時間ほど西にある兵庫県南部の地域の一つである。しばし、兵庫県の話題で盛り上がった。
ガイドさんは60歳は超えていると思われる男性の日本人(国籍はフランス人)だった。もちろん日本語で話をしてくれる。

ということで、いよいよ、ツアー開始。

最初は、今回の最初の画像の中央にあるピラミッドの説明だ。
ルーブル美術館の特徴の一つで、この透明なピラミッドが自然の光を地面の下の展示スペースにも取り入れている。

ガイドさんは「映画ダヴィンチコートを見たことありますか〜」と問いかける。
私は観たことなかったが、相方含め、他の二人が「はーい」と返事をしたため、場の空気を読んで「はぁ」と返事をした。
そこから先は、映画のシーンのモノマネ含めた徹底解説。浜村淳を彷彿とさせる熱弁であった。
おかげで私は、映画ダヴィンチコードについて、映画を観る前にかなり具体的な形でオチを知ってしまうこととなった。

入館後、意外と早いタイミングで、モナリザとご対面。ルーブルを午前中の朝一番に組み込んだのは正解だった。午後からは人であふれかえるそうである。意外と小さい。
モナリザ

そして…
カナの婚礼
カナの婚礼。聖書の一場面を描いた作品。ルーブル最大6.77メートル×9.94メートルの大きさを誇る。
幸か不幸か人が入ってしまったので大きさ分かりますかね^^;

美しき女庭師
「美しき女庭師」ラファエロの手がけた聖母子像の中でもっとも有名な作品。左が幼少期のキリスト。

「四季」
「四季」植物や果物、料理などを組み合わせて表現された肖像画。ミラノ出身マニエスリム作。

館内
全部は紹介しきれないがあと少しだけ。

教科書に絶対載ってる一枚
観たことありますよね?
こういう教科書に絶対載ってる作品の「ホンモノ」がたくさん置いてある。
数十億の人間が何らかの形で目にしたことのある作品のオリジナルがここにある。
原点、或いは原典を見る感動と云うのは確かにあり、やはりオリジナルの絵の持つ迫力や「熱」はその場に行って初めて感じるものであるとも思う。

この時期限定と思われる展示もあった。
レディガガが特別に展示した作品
レディ・ガガが特別に展示した作品。
絵ではなくて、映像作品で暗室に細長いモニターが展示されていて、ガガがそこに映し出されている。
しばらくみていると彼女がすーっと涙を流すという映像になる。
美しかった。
(先刻検索してみたが、展示は2月中旬までであった模様である。)

人類創生からレディ・ガガまで。まさにあらゆる美術のシーンを統括する大美術館、世界の美術の中心と云える場所である。

次は、ルーブルで一番気に入った作品。
グランド・オダリスク
グランド・オダリスク。新古典主義の巨匠アングルの作品。
好きすぎてピンボケに。得てしてこういうもんです。
ちょっと休憩しましょうか。
[770] 艦長 (2014/04/20(Sun) 10:50:05)

モナリザの微笑
>感動者さん
 コメントありがとうございます。
 モナリザは確かに一度日本に来たことあったと思います。
 その時にモナリザのブームが起きた記憶も…。
 正直なところ、モナリザはヤマトの劇場版のポスター(B2サイズ)くらいのものだとずっと思い込んでました^^;
 また、来てちょう、感動者さん!!
[776] 艦長 (2014/04/24(Thu) 23:08:28)

Re:2014パリへ(12)ルーブル美術館
確かに、教科書などで目にした事のある作品ばかり!

モナリザは、一度日本に来た事があった記憶が、、。
その時に
「ぉお、小さい!」
と、いうのが最初に見た時に思った事でした。
実際に見ないとわからない事だらけですね!

[773] 感動者 (2014/04/24(Thu) 00:47:05)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [2014パリへ(12)ルーブル美術館 2]
Back >> [2014パリへ(11)モン・サン・ミッシェル その3]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]