M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
超大河原邦男展
ポスター
超大河原邦男展に行ってきました。
場所は兵庫県立美術館 阪神岩屋駅の真南です。(阪神岩屋駅は普通電車しか止まらないようなので要注意。)
公式な概要は「こちら(クリック!)」で、十分確認できます。
私が発信するべき中身とは、観る側としての感想を素直に述べることでしょう。
結論から言うと、この展示会は、例えばあなたが風邪を引いて熱があっても、行く価値のある展覧です。展覧会というと、デパートのワンフロアで版画を販売目的で展示するような怪しいものも多々ありますが、この展覧会はれっきとした美術館で行われ、兵庫県や神戸市も後援しています。変な言い方ですが、安心して来てください。逆に、役所が後援してる美術展示なんて退屈じゃないかと思ってる方、少なくともこれは違います。断言しましょう。違うのです。
神戸に集結
大河原さんについては、私自身はこれまでそんなに熱狂的に大河原さんのメカという概念で追いかけてきたかというと率直には、そういうことはなく、今まで見てきたアニメ番組の中で「たまたま」大河原さんのデザインを知ったという程度であります。好きな作品のメカデザインがたまたま大河原さんだったというか…。ガンダムは云うに及ばず、ボトムズ、レイズナー、タイムボカンシリーズなどなど。
展示は写真撮影不可だったので、写真の代わりに言葉で補いたいと思いますが…アニメという言葉が定着する前のテレビ漫画時代から現代にいたるまでのメカデザインの歴史を大河原さん中心に展示しているという感じでしょうか。そう、大河原さんだけでなく、「宇宙エース」の中村光毅作の宇宙ロケット内部構成図とか安彦良和作のガンキャノンの初期案とか、いろんな人の描いた生の資料が展示されていて、圧巻でした。BARDECKでもコメントしましたが、絵そのものは全記録集やロマンアルバムで観ていても、目の前に本物の、「鉛筆」「ポスターカラー」などで「描いた」ホンモノがあるということに感動しました。ガッチャマンのメカニックデザインとかも「こんなにこまかかったのか」と思ったり…目からうろこの嵐。私、眼鏡を遠視用しか持ってきてなかったという情けない状況でしたが、一個一個の資料やポスターを眼鏡外して食い入るように見ました。他の人も同じようなことしてました^^;だって、これね、ほんものですからね、ガンダムのいろんなポスターも全部原画で筆使いや絵の具の盛り具合も伝わってくるんですよ…。「めぐりあい宇宙」のポスターとか美麗すぎて…伝わってますか、この気持ち?
美術館では音声ガイドも500円で使用可能。解説そのものは短いものが多いですが、銀河万丈さんらの思い入れたっぷりのトークに大河原さんのコメントも聴けます。

過去の資料や絵の展示だけでなく、立体物、今の大河原さんの作品も展示されています。歴史に既に名を残している方ですが、今もバリバリの現役でエネルギッシュに活動されているのがすごい。
立体物の展示としては、このフリーペーパーにある1分の1スコープドックがやはり圧巻。
scope.jpg
写真撮影禁止なこともあってですが、多くのファンが自分の「目」にやきつけようといろんな角度から見ていたことが印象的でした。本来のあり方だと思います、うん。ブログは基本的に文章で勝負すべき。ちょっとコメントのポイントがずれましたが、このスコープドック、どの方向から見ても破たんがないこと、これは趣味で3DCGを楽しむ私にとっては驚愕でした。

大河原さんの絵を見ていて思ったのは、メカニックという切り口ながら、どの絵のメカニックにも気持ちというかキャラクター性を感じることです。トライダーG7などのヒーローメカは当然のことながら、一つの使い捨て工業製品でしかないはずのボトムズのスコープドックやダグラムなどにも「表情」があります。砂漠で朽ち果てているスコープドックの哀しみは我々サラリーマンの気持ちとどこか通じるところはありませんか…?

全ての展示物の内容は現場で販売されているこの「図録」で一覧できます。
図録
300頁を超える規模の本です。大河原さんのコメントも収録されていて、充実過ぎる内容。
中身
カバーはポスターにもなります。
カバーがポスターに
価格は…レシート捨てちゃったけど3000円くらい。はっきりいって、安いと思います。
私、別に手先のものじゃないですが…カラーで300頁ある本が普通3000円で買えますか?

そして、自分にとって最高のお土産は限定ガンプラ。
限定ガンプラ
4500円でしたが、箱自体がアート状態で迷いなく購入。
箱絵のガンダムの肩に「超」が入ってますが、模型の中身を見るとデカールでちゃんと入ってます。(写真であまり映ってなくて済みません。)

もっとも、これ以前に組むべきプラモが多々あり、ガンダム建造までには時間を要しそうですが…。
夏休みの宿題
[670] 艦長 (2013/03/24(Sun) 19:06:22)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [すべてはエイプリルフールのために]
Back >> [ヤマトでとびだせどうぶつのもり3]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]