M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
微笑みの国タイ(7)

三日目の夜の事件に触れる前に、バン・パイン離宮を紹介しよう。

アユタヤのごく近くにある現役の迎賓館だが(たまにしか使われないらしい)、一般公開されている。
かつてのアユタヤ王朝の王が夏の離宮として利用した。チャオプラヤー川の中につくられたそれは、水上パレスともいわれる。↓



よく整備された庭園には動物の形になっている植木がある。

最後に象さんを別角度から。

綺麗な場所だし、衛生的にまともな食事をさせてくれる。
英語がある程度通じる場所でもある。
しかし、客としてきているのは概ね、海外からの観光客のようであり、タイの人にとっては単なる労働の場でしかない。

さて、時間を再度、アユタヤ(昼)から、バンコク(夜)にスキップして話を元に戻そう。
我々は、アユタヤ観光を終えて、バスで南下し、バンコクへ戻った。夜は言いすぎだが、夕方5時ごろだった。
三日目の夕食はツアーで元々セットに入っておらず、自由行動の中でどうぞということになっていた。
代表=荒井(この旅行会の企画者。40代の男性で荒井注に似ている)は、海外旅行暦も長く、ガイドブックを見て概ね「ここだ」という店を決めていてくれた。
タイの海鮮料理を食べさせてくれる店でガイドブックに結構大きく出ていた。
そして、失恋=加藤(30代半ばの男性)は、例によってガイドさんもどうですか、と誘い、ガイドは快く(?)了解。
しかし、店は、その店よりも、本に載っいるその支店の方がいい、味が美味で安い、と提案してきた。
僕は、少し「?」と思ったが、どちらも日本のガイドブックに掲載されてるし、問題なかろう。同意した。
で、7時か7時30分か忘れたが、現地集合ということになった。
今は、まだ5時である。
我々は、ホテルの場所を一応把握はしている。が、歩いていくには若干距離があったし、タクシーを呼ぼうということになった。
ホテルのフロントで、ガイドブックを見せながら、タクシーを呼んでもらおうと試みる。
何とか英語が通じたようだ。
フロントのタイ人の浅黒い男性はうなづいた。
そして、ホテルの前で待つように云った。
我々はホテルを出て、玄関前の道路で待つ。
この玄関前の状況を説明しておいた方がいいが、いわゆるプリンスホテルとかシティホテル系の垢抜けた玄関ではなく、まさに路地裏、工事現場のような場所に繋がっており、そこには、いろいろな客引きがてぐすね引いて待ち構えている。
そこへ、タクシー登場。中から、これまた浅黒い肌の男性が出てくる。
初対面でも親しげな笑顔。
代表は、一応、ガイドブックを広げ、「○×?」と店の名前を確認。
そして、ホテルに頼まれてきたのか、ということも確認。代表=荒井は英語力もグループの中で一番凄い。
どうやら通じているらしい。
我々は、タクシー2台に乗り込んで店へ向かう。
20分くらいで店に到達。
腹も減っていたので、ほいほい店の中に入った。
店はがらんとしていたが、大きい。背広姿の支配人(マスター?)が笑顔で手招きをして案内をする。
ガイドはまだ来ていない。
10分くらい待っても来ない。
しょうがないので、メニューをみて適当に頼んで始めることとする。
僕は、前夜の反省もあり、価格を確認しようと思っていたが、今回のメニューはバーツで書いてあったり、それは「時価」です、という部分も多かった。
だが、云ってても始まらない。蟹カレーとかチャーハンとか頼んだ。そして、店の主が来て「当店の自慢は○×(魚だったが何か忘れた)の姿煮でございます」と日本語で云って来る。
「じゃ、それも」と、食いしん坊ナンバー1の高木ブー。台湾で蛙を食べた仲本は「何か、変わったものはありませんかね」と恐ろしい質問をマスターにしている。
まだガイドは来ない。

やがて、テーブルに料理が来た。
ガイドは来ていないが、始めることにした。
ビールで乾杯。
乾杯した後に、テーブルに席が二つ余っていることに気付いた。
「ま、ええやん、荷物でもおいとこ」
と流す加藤。
宴は盛り上がった。
料理もそこそこ美味だ。
仲本も、えらいものを食べていたが・・・それはここでは云うまい。
高木(一番の大食漢)は、傍で見ていて「大丈夫か?」と思うほどいろいろな料理に手を出した上、最後にはケーキまで注文して口いっぱいにもぐもぐとさせていた(これが、最終話のトラブルの引き金になるとはこの時点で誰が予測できただろうか?)
僕は・・・それなりにお腹が一杯になってトイレに出かけた。

ここでタイのトイレ事情について触れておこう。
男性の小便器は日本と同じである。
大便器も作りは同じ。
ただ、した後にどうやってフォローするかが違う。
タイではホースがついており、これで尻を洗って、出てくる。
しかし、日本人の僕にとっては、これが難題で、どうやって尻を洗うのか、全く想像がつかず、常にティッシュペーパーを携帯し、日本と同じように事後処理した。
これは本当はいけないことで、タイの下水道はティッシュを流せるようになっていない。
時たま、ホースすら置いていないトイレに遭遇することもあった。紙はもちろん設備にない。そして、そういうときに限って、手持ちのティッシュは切れている。そこには、ただ、一枚の雑巾が無造作に置かれていた。それを使うべきかどうか。追い詰められた僕がどうしたかは、想像にお任せしたい。とても文章に出来ない・・・。
観光地のトイレでは、欧米人が多い、或いはその資本が流れていることもあるのだろう。欧米式のトイレがある。これもまた、完全ではなく、紙がやたら途切れやすいトイレットペーパーになっている。小さい面積の紙で尻を拭くのはかなりリスキーだ・・・。
脱線した。
・・・
僕は、トイレの中で、歌声を聞いた。ハッピーバースデーだ。長老こといかりやは歌が好きなので、リードボーカルだ。

そう、僕が不在の間、僕のテーブルでは、仲本(げてもの食いの男)がたまたま誕生日ということで、ハッピーバースデーの歌が、テーブルのみんなと、そして、店のメンバーにより歌われていたのである。
席に戻りつつあると、例の○×の姿煮が満を持してやってきた。
僕はもうお腹いっぱいで食べられなかったが、他のメンバーはこぞって食べていた。特に高木が・・・。

そして、来ました、お勘定。一人頭5万5千円也。
「え?」
「あれとこれとあれとこれと姿煮だけで?ビール○本入ってたとしても、そんだけするの?」
ちょっとそれは違うだろう、と毒づくと、今まで笑顔だったマスターが、ゴルゴ13みたいな劇画調にいきなり変わる。
「今頃、ソンナコト、オソイヨ」
気が付くと、店の出入り口のところには怖そうなお兄さんが不敵な笑みを浮かべながら立っている。

その時だ。
ガイドが息を弾ませて、出入り口のお兄さんを退けて入ってきたのは。
彼女は、タイ語で、マスターに何か、啖呵を切り、ぎろっと睨みつける。
マスターは、少し言い返した。そして、続けて、何かタイ語で言った。
ガイドは、マスターを睨みつけたまま、うなづいた。

そして、僕らの方を向いて「オヒトリ様、イチマン円、イタダキマス」「ゴメンナサイ」
日本で食べても一万円は安いだろうと思った。しかし、こういう時はあれこれ云わずに支払って収める方がいい。
時間が経過すれば、敵の戦力が増強されることもありうる。状況は刻一刻と変わるのだ。
我々はガイドの助言に従うことにした。

タクシーでホテルに戻った後、僕らはガイドに説明を求めた。
すると、こういうことだったらしい。
僕らは、ホテル付近をうろうろしているタクシーに乗り込んだ。そのタクシーはホテルが呼んだものではなく、別のタクシーだった。
運転手は適当に相槌を打ちながら客を乗せ、自分がギャランティーをもらえる店に客を連れて行く。
要するに半ば拉致されたということだ。ガイドはタクシーが行きそうな場所を幾つか知っており、我々の場所に到達したということだった。
「デモ、運ヨカッタヨ。モット悲惨ナケースシッテル」

「そういえば、看板がかかっていなかった」「皿に名前が書いてなかった」「電話で予約して言ったのに、椅子の数が一つ多かった」
我々は今となっては空しい名推理を披露しあったのであった。

 ホテル帰着後、ゲテモノこと仲本は、タイのボクシングを観にいくのだといって単独行動した。
 代表は、前々から引いていた熱風邪が僕の喉風邪とミックスされて、熱は出るわ下痢はするわ、喉は痛いわ、という状況だったが、最後の夜は楽しみたい!と言って、立ち上がった。
 立ち上がった瞬間、ふらふらと足元が揺らいだので、僕と加藤で止めた。
 そして、長老こといかりやは・・・いつの間にかすやすや寝ていた。
 部屋に戻ると腹こと高木がトイレからすっきりした顔で出てくる。
 高木「いっぱいでちゃいました」
 かめきち「いや、報告はええから」
 高木「でも、なんか、し足りないから、もう一度、おトイレ失礼しまーーす」
 失礼するも何も、もうパンツ脱ぎながらトイレに向かって小走りになっているではないか!
 
 次回、感動の(?)最終回。失恋とガイドの恋は実るのか?そして、一同を最後に襲うトラブル!!かめきちたちは無事に日本に帰りつくことが出来るのか!?
[486] 艦長 (2008/01/06(Sun) 09:56:05)

最終回お楽しみに!
>感動者さん
 コメントありがとうございます!
 このブログの連載は断じてフィクションですので、海外はもっと安心です(意味不明な日本語ですみません=笑)。機会があれば、ぜひ海外で冒険を楽しんでください^^。
 最終回、ご期待ください。多分、連載を読んでいただいた皆さんが「えー!」というオチになると思います。
 また、来てちょう、感動者さん!!

>ALL
 夢オチではありませんので、ご安心を(^^;<最終回
[488] 長田亀吉 (2008/01/09(Wed) 22:51:27)

Re:微笑みの国タイ(7)
海外に幾度も行っているであろう方々でも、怪しいところへ連れていかれてしまうなんて・・・。
生まれてこのかたパスポートを1回しか使用していない私が海外へ行く時は、お堅いツアーを選択してしまいそう(汗
かめきちさん達は、スリル満点のツアーを楽しんでいるご様子ですね。
最終回が気になります!


[487] 感動者 (2008/01/09(Wed) 18:48:29)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [微笑みの国タイ(8)]
Back >> [微笑みの国タイ(6)]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]