M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
ガミラシア#10製作状況(1)
ヨッシ!さん作ガミラシア#10イメージボード
今度の第10話と第11話は前後篇ではない。
第10話はセントメア攻略を描いた作品で1話で完結する。
これは、BARファウストロで、らるさんから「リリ」の今後はどうなったのでしょう旨のコメントをいただき、これに対してはお応えしたいという気持ちもあり、そういう場面も含めて、他にもいろいろと整理して後半に臨みたいという気持ちもあり製作することとした。
SF的には古典的な、しかし、突飛な描写を用いる。

一応、シナリオは大筋完成したので、後は例によって辻褄合わせや盛り上げ方などを再度検証して、話の完成度を上げる作業に入っている。
続く第11話をなぜ今書いているかというと、ここからが最終章につながっていくので、いろいろな風呂敷をそろそろ閉じていく作業を今のうちからしておかないといけないからである。公開してから「あ、やっぱりその設定はやめ!」というわけにはいかないので(実はいくつかは「やめときゃよかった」という設定もある^^;)。
11話は基本はヤマトの第10話にあたるような個々のキャラクターの背景を今一度掘り下げていくという中身になっている。話を展開していくには、出来るだけ登場人物を絞って話を展開する方がいいに決まっているが、ガミラシアではそういう手法を捨てて、群像劇を扱った。最初はキャラクターの多さに戸惑ったというご意見もいただいたが、今ではそれなりに各キャラも覚えていただき、嬉しく感じている。また、11話では、7話で総統シスの命を受け、ファウストロ宇宙に侵入したシュルツ、ガンツのその後や、後にスターシャになる人物、さらに、七色星団の決戦時にドメルの指揮下につく4将軍などが、オリジナルのTV版とは立場を違えて登場する。11話ではいずれも顔出し興行程度だが、まさに連作となる12話・13話では、本格的に主人公ザン(=デスラー)とも絡んでくるのでご期待いただければ幸いである。
ガミラシア後半は特にパート1への橋渡しをかなり意識した内容になると思う。
途中、舞台をジュラの統治する新ガルマンがミラス帝国に移した番外編も製作するかもしれない。その世界では、デスラーは暗殺されており、古代進も既に引退している。アンドロメダの後継艦がジュラを護衛する中で関わる事件を描くことでヤマト零世界とのリンクを展開してみようと思っている。
ともあれ、10話。これがうまくいかないと先はない。
毎度のことながら、秋といえば冬になるのが通例だけど、何とか頑張っていいものをつくりますので、お楽しみに。
[448] 艦長 (2007/09/30(Sun) 01:24:44)

よいものをつくります!お楽しみに!!
>らるさん
 いつも感想と応援をいただき、ありがとうございます。いつも製作の励みになっています。
 創作する側にとって、作中の人物の今後を心配いただくことはとても、ありがたく、嬉しいことです。感謝しております。前回のサイレン3部作では、ストーリーの軸をジュラとザンに絞ったため、セントメアのリリの生活を描写することが出来ませんでした。
 今回は、リリのその後を含め、セントメアがどうなったのか、ということを描きたいと思っています。ガミラシア4は、無視できないゴドムの第2首都セントメアを破壊、ないしは武力制圧してしまうのか。それとも…?そして、成り行きにせよ、ガミラシアと共同戦線を張ったドメルの運命は?10話は分かりやすいアクション篇でもありますので、ご期待ください!!
また、来てちょう、らるさん!!
[450] 長田亀吉 (2007/10/07(Sun) 10:29:28)

Re:ガミラシア#10製作状況(1)
大変お久しぶりになっていましました。
ガミラシアの第10話ではリリちゃんの運命が明らかになるとのこと、今から楽しみにしております。できれば幸多い日を過ごして欲しいと読者のエゴ丸出しで希望しておりますが、世の中ままならないものですから、せめて彼女なりの納得のいく人生であればいいなと勝手に想像しています。
一読者のささやかな問いに答えて下さる艦長の創作に対する真摯な態度には本当に感じ入ります。
心のこもった言葉選びと丁寧なストーリー作りと美しい絵にいつも心沸き立つ思いで拝見しております。
10話の公開を今から心待ちにしています!
[449] らる (2007/10/06(Sat) 17:20:14)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [初音ミクレッスン中]
Back >> [コウベ・ロイヤルナイツ 暁の特訓!]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]