M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (18)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (12)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ログイン
池袋上陸作戦(5)感謝を込めて
会場のワンシーン
二日目。
昨日は呑んだといっても午前1時にはホテルに帰れたので、充分な睡眠をとって起床。
コンサートは2時。その前に11時から宴会(汗)というのが本日のスケジュールなので、少し余裕がある。

朝9時過ぎ。
私は、「メイドさんがいないかなー」と「再開発が進む秋葉原の朝を見ねば」と思って秋葉原に。
しかし、朝9時の秋葉原は閑散としていて、昨日の昼間の活気がウソのようである。
「メイドさんがいないからつまらないや」「遅れないように早く池袋に行こう」と思った僕は、すぐに秋葉原をあとにした…。

で、池袋で一日目とは別のグループと合流して、宴会。
ただし、ここでは呑みすぎなかった。ウーロン茶すら、一杯にとどめた。
そう、昨年11月の苦難の記憶が教訓として残っていたからだ。
水分は敵だ…(当ブログデッキ 六本木ヤマトNIGHT参照)。

コンサートには概ね、宴会のメンバーと行った。
会場はかつて「幻想軌道」も行われた東京芸術劇場。
神戸在住の僕が何故か近くの居酒屋も把握している劇場だ。

余裕をもって早めに到着し、座席に。
僕の席は前から4列目の真ん中あたり。
我ながら良い席が取れたと思う。
会場は広かったが、ほぼ満席。
既にBARDECKでもコメントをいただいたが、ヤマト世代だけでなく、それより上の世代の方も結構多くいらっしゃってたと思う。
さらに、これもまた、BARDECKのコメントにいただいたが、親子連れが多かったのも印象深い。
幅広い世代が一堂に会した感があった。

予定通り2時から第1部スタート。
曲目を復習しよう。

見上げてごらん夜の星を
ニューシネマパラダイス
さっちゃん
あんたがたどこさ
ウナ・セラ・ディ東京
恋のバカンス
マツケン・サンバII

僕は、一曲目から既に泣いていた。これは宮川先生のご逝去に、というよりも、いろいろな思いを抱きながら、舞台を務める宮川彬良さんの姿に感じるところが大だったこと、そして、それを支える平原まことさんの名演奏と男気、さらにこれは明言しておきたいが演奏そのものの魅力によるものだと思う。ひとつひとつの曲に、自分の今まで生きてきた人生のワンシーンを思い出して泣いた。また、もう会えない妻や友人のことを思って泣いた。

と、いって暗いコンサートではなかったことは強調しておかないといけない。むしろ明るい、心の温かくなるコンサートだった。
流した涙は、哀しみの涙ではない。感謝の涙だった。宮川先生はもちろん、演奏している全ての人たち、そして、私が愛した今はもう会えない人々への。

隣は宴会から一緒に付き合ってもらってる友人だったが、ばれないように涙を拭いてマツケンサンバに手拍子した。

そして、第二部。待ってました、ヤマトミュージック!
曲目はこんな感じ。

無限に広がる大宇宙/宇宙戦艦ヤマトのテーマ
決戦/大いなる愛/真っ赤なスカーフ
白色彗星のテーマ
イスカンダル
ディンギル帝国
明日への希望

何度も聴いてる曲だが、生で聴くと鳥肌が立つ。
無限に広がる大宇宙、大いなる愛、真っ赤なスカーフ、イスカンダルではやはり思い切り泣いてしまった。
自分でも信じられないくらい涙が出た。これもまた、人生のいろいろな場面でヤマトの音楽が隣にあったからだと思う。
そして、時折、目を閉じて指揮したり、ピアノを演奏している彬良さんの横顔をみるとさらに泣けた。

しかし、泣いてばかりいたわけではない。
佐々木さんがヤマトのメインテーマを歌った時、心の奥底からどーんとした何かが沸く感じがした。
こんな気持ちにさせてくれるのは、世界でいろいろな名曲があるとは云うものの、「宇宙戦艦ヤマト」以外にない。

それと白色彗星はパイプオルガンで聴かせてくれたが、曲が終わって、演奏していた方がこちらを向いて挨拶をされたとき、すごくチャーミングな女性で驚いた。
前日、散策した秋葉原風にいうと「萌えー」ってとこだろうか(笑)。
もちろん、演奏そのものも素晴らしく、重厚なパイプオルガンの響き、堪能した。

最後は、佐々木さんボーカルのヤマト主題歌含めアンコールがあって終了。
宮川彬良さんは、また交響組曲ヤマトを再現するコンサートを続けていきたい、とコメントしておられた。
とても嬉しかった。ヤマトファンが熱い声援を贈ったのはいうまでもない。
必ず実現して欲しいし、そのために、コウベがお役に立てることがあるなら、なんぼでも協力したいと思う。

終了後、宴会に行ったメンバーを中心に集まって、カラオケ店へ。
ヤマトオンリーカラオケ大会を決行した。
歌った曲は「銀河伝説」「星のペンダント」「ヤマトより愛を込めて」。
自分の歌唱力は、音楽への愛に比例しないことを痛感した。
聴いてた人ごめんなさい。

東京でお世話になった全ての人に感謝します。
神戸帰還
[162] 艦長 (2006/03/28(Mon) 00:00:00)

読んでいただいてありがとうございます^^
>オリオンさん
 確かに電車男ぽい人は結構見かけましたが、テレビや映画の彼と比べて太ってる人が多いのが印象的でした^^;
 おでん缶は未経験です^^;
 紅白にヤマトを!は昨年、コウベも運動に参加したのですが、実現せず残念です。今年もファンの投票や署名を反映するシステムがあるなら、コウベも何か出来るかもしれませんね^^
 また、来てちょう、オリオンさん!!

>ryutaさん
 関西でもやってくれるといいんですけどね、コンサート。
 音楽が身近なものだったと感じる気持ち、よくわかります^^
 ねずみ男汁は存在を知りませんでした^^;
 ジュースなんですか(笑)
 いつか挑戦したいと思います^^
 また、来てちょう、ryutaさん!!
[167] 長田亀吉 (2006/03/29(Wed) 07:51:32)

Re:池袋上陸作戦(5)感謝を込めて
こんばんは、艦長、そして皆様。
艦長、コンサートならびにレポートご苦労様です。
仕事やら家庭環境が許せば本当に私も行きたかったです。

ここ数日、大昔のLPやらCDを引っ張り出してきて聴いてはおり
ましたが艦長がおっしゃるとおり音楽とは楽しむものですもんね!!
宮川先生の作品を(ヤマト関連のみですが)聴いていると
その当時あったことなどがまざまざと思い出され遠い方だと
思っていたのに、こんなにも自分の生活のすぐそばに居て
下さったのか〜ってあらためて思いましたね。
きっと、こちらに来られる皆様もそうであると思っています。
それがとても心強く嬉しく思えるのです・・。

オリオンさまも言われてますが、おでん缶なるもののほかに
ねずみ男汁って言うのもあるそうですね?
缶ジュースらしいけど・・

[165] ryuta (2006/03/28(Tue) 23:18:19)

Re:池袋上陸作戦(5)感謝を込めて
コンサートのレポートありがとうございます。
え・・・秋葉原に行かれたんですか?う・・うらやましです。
私も1度行ってみたい場所ですね。
電車男みたいな人がウヨウヨいるって聞いてますが本当ですか?
メイドコスプレは人気ですよ!和風っぽいコスプレも人気だそうで・・
名物のおでん缶は食べられかのですか?

25日は私も実はのみ会で会社の歓迎会でした。たのしかった・・。
ま・・・その話は置いといて・・・

コンサートの方はすばらしく、感動的なものだったみたいで、私も飛んで生きたい気分でした。
生の演奏は体中で聴くので、本当に鳥肌がたつんですよね!
バイブオルガンは大迫力だったでしょうね。
佐々木功さんがTVのコメントで言われてましたが、ヤマトで紅白に出たかったっと年賀状に書いたら、「よし!わかった。やろう!」っと宮川先生が言われたそうです。
私も今年、紅白で宮川先生を偲んでヤマトの曲で、佐々木さんに唄って出てもらいたいと思っていますが・・・
艦長様!いかがなものでしょうか?


[163] オリオン (2006/03/28(Tue) 15:14:57)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [コウベ萌え萌え宣言!]
Back >> [池袋上陸作戦(4)居酒屋ヤマト]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]