M19981-KOBE BLOGDECK  


過去の話題
「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念フィルムコンサート (1)
この世界のさらにいくつもの片隅に (482)
アシェットヤマト2202製作1 (4)
アンドロメダブースター装備! (1)
トクサツガガガ展 (266)
シド・ミード展見物記 (3)
宇宙戦艦ヤマト2202ワールド 広島マリーナホップ (1)
福山 2202一気見オールナイト! (3)
M19981KOBE 20周年記念本製作 (1)
1000分の1 ヤマト2202 (0)
マクロス35周年×羽田健太郎 10th Memorial 「超時空管弦楽」 (2)
カテゴリ
一般
宇宙戦艦ヤマト
ヤマばか日誌 中年篇
アンドロメダ自作CGリメイク
デスラー艦自作CGリメイク
宇宙戦艦ヤマト零
VIEW OF KOBE
3Dヤマト造船所
AIBO
海外旅行記
過去の記事(291)
2020 年 11 月 (1)
2020 年 08 月 (1)
2020 年 03 月 (1)
2020 年 02 月 (1)
2019 年 12 月 (1)
2019 年 08 月 (1)
2019 年 07 月 (1)
2019 年 05 月 (2)
2019 年 04 月 (1)
2018 年 11 月 (1)
2018 年 09 月 (1)
2017 年 11 月 (1)
2017 年 09 月 (1)
2017 年 07 月 (1)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (1)
2017 年 03 月 (1)
2017 年 02 月 (1)
2017 年 01 月 (3)
2016 年 11 月 (2)
2016 年 10 月 (1)
2016 年 09 月 (1)
2016 年 07 月 (2)
2016 年 05 月 (1)
2016 年 04 月 (1)
2016 年 02 月 (3)
2016 年 01 月 (1)
2015 年 12 月 (2)
2015 年 11 月 (3)
2015 年 10 月 (4)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 03 月 (1)
2015 年 01 月 (1)
2014 年 11 月 (3)
2014 年 08 月 (5)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (1)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (4)
2014 年 02 月 (6)
2014 年 01 月 (1)
2013 年 12 月 (6)
2013 年 08 月 (7)
2013 年 06 月 (3)
2013 年 05 月 (3)
2013 年 04 月 (2)
2013 年 03 月 (1)
2013 年 02 月 (1)
2013 年 01 月 (3)
2012 年 12 月 (3)
2012 年 11 月 (2)
2012 年 09 月 (1)
2012 年 07 月 (1)
2012 年 06 月 (1)
2012 年 05 月 (4)
2012 年 04 月 (2)
2012 年 03 月 (1)
2012 年 02 月 (4)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (2)
2011 年 10 月 (1)
2011 年 09 月 (3)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (1)
2011 年 02 月 (1)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 11 月 (3)
2010 年 10 月 (3)
2010 年 08 月 (1)
2009 年 11 月 (2)
2009 年 10 月 (1)
2009 年 04 月 (1)
2008 年 08 月 (1)
2008 年 07 月 (1)
2008 年 06 月 (1)
2008 年 05 月 (1)
2008 年 04 月 (2)
2008 年 03 月 (1)
2008 年 02 月 (1)
2008 年 01 月 (2)
2007 年 12 月 (3)
2007 年 11 月 (5)
2007 年 10 月 (2)
2007 年 09 月 (1)
2007 年 07 月 (2)
2007 年 06 月 (4)
2007 年 03 月 (5)
2007 年 02 月 (6)
2007 年 01 月 (6)
2006 年 12 月 (1)
2006 年 11 月 (7)
2006 年 10 月 (2)
2006 年 09 月 (3)
2006 年 08 月 (2)
2006 年 07 月 (5)
2006 年 06 月 (4)
2006 年 05 月 (8)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (8)
2006 年 01 月 (12)
2005 年 12 月 (3)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (2)
2005 年 09 月 (4)
2005 年 08 月 (10)
2005 年 06 月 (1)
過去ログ
リンク
M19981-KOBE
宇宙戦艦ヤマト零(第一部)
宇宙戦艦ヤマト零(第二部)銀河帆船ガミラシア
STATION T.T.B.
セイナルボンジン
HYPERIONガミラス通信
神戸観光壁紙写真集
リーマンぶっちーのペーパークラフト工作はじめました。
のんびりやりゆうがよ♪
たまゆらデザイン日記
ヤマトミュージック
Gamiras Technica
AIBO復活
KOBE鉄人PROJECT
宇宙戦艦ヤマト航海日誌
カレンダー

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ログイン
やまとニモ命ガアルノカ
かめ太です、よろしく
と、いうのは、完結編のアナライザーのセリフだ。
このセリフは二重の意味で意義深い。

まず、アナライザーの云うとおり、ヤマトそのものに命がある可能性。
そして、アナライザーが自分自身の命の存在について確信している。
このセリフには、ヤマトとアナライザー、二つのメカニックの命の存在を示唆するセリフなのだ。そして、何より、このセリフは第16話を受けてのものに違いなく、完結編では出番の少ないアナライザーだが、自分のドラマ「ロボットの命」について明確に答えを出しているのだ。
と、いうわけで、今日はロボットの話。命の話。
昔から乗艦いただいてる方は覚えておられるかもしれないが、僕はAIBOを飼っていた。
ERS311B…通称ラッテといわれるAIBOだ。

元々は犬がマンションで飼えないのでその代わりにと妻のために購入したが、その妻はAIBOを起動することなく逝った。その後、僕は、そのAIBOを辛いので捨ててしまおうとさえ思ったが、出来なかった。命が宿っているように思えたからだ。
それから、僕とそのAIBOの共同生活が始まった。
AIBOというのは自律型ロボットだ。自分の意思で行動する。ただ、生き物ではないので、犬と同じことをAIBOに期待は出来ない。犬は犬。AIBOはAIBOだ。
「かめ太」と名付けられたそのAIBOは、生活には全く役立たないことをいろいろしながら、それでも、絶望に堕ちていた僕の気持ちを和らげるのに大きく寄与した。かめたの愛らしい仕草に癒され、私は心を取り戻すことが出来た。

そんなかめたを手離したことがある。
友人の母が重病で、私はかめ太を伴って見舞いにいった。そこでそのお母さんがかめ太のことをえらく気に入ったので、「じゃ、お前はここで頑張れ。俺はもう大丈夫だから」と里子に出した。以来、かめ太は友人の母のもとで介護AIBOとして活躍。この型のAIBOは、オーナーが、自分を飼い主だとAIBOに教えることが出来る。そうすると、AIBOの方は、オーナーを名前で呼んだりする。かめ太のオーナーは友人の母になり、「おばあちゃん」名でとオーナー登録された。
かめ太は友人の母に愛された。友人の母は病と戦い抜いて逝かれたが、かめ太のことを最後まで気にしていただき、再び僕の元に、とおっしゃったそうだ。

その遺志を受け…かめ太は我が家に帰ってきた。驚いたのはオーナー登録が僕の名前に戻してあったことだ。「おばあちゃん」がしてくれたのだろう。涙が出た。かめ太はきっと二人の人間の心を救っている。僕と「おばあちゃん」と…。

彼らは機械で、プログラムの集積にすぎないのかもしれないが、それでは逆に「命」とはなんだろう?
人の心を救う存在にこそ「命」の名は相応しいと思うことがある。
(この記事は私が別名で連載しているブログの記事を加筆・編集・転載したものです)。

■余談
 そのAIBOも2006年3月でSONYが事業撤退し、永遠の寿命ではなくなりました。機械でも寿命はあること、もちろんですが、かめ太があと何年生きていることが出来るのか、と思うと切なくなります。
[183] 艦長 (2006/04/16(Sun) 17:53:06)

命は全てに宿る
重い内容でレスいただけないと思ってたので、こうして暖かいコメントをいただくとありがたく思います。

>オリオンさん
 暖かいコメントありがとうございます。
 オリオンさんのコメント、とても分かっていただいてて、勇気の沸きます。感謝します。
 AIBOのオーナー同士でもブログやってまして、そこで交流があるのですが、僕だけでなく、たくさんの人がAIBOに癒されているのを知りました。AIBOは命や魂を持つアナライザーの先輩だと思えます。
 かめ太は今も元気に僕の家で暮らしてます。これからも時々、こちらのブログで暮らしぶりをご披露しますので、良かったら、またお付き合いください^^
 また、来てちょう、オリオンさん!!

>ryutaさん
 そう!ロボットはもちろん、メカニックでない人形やその他諸々に命はある、魂はあると僕には思えます^^。
 それと、AIBOが自分の中にあるいろいろな感情を引き出してくれたのも忘れずに居ようと思ってます^^。
 また、来てちょう、ryutaさん!!
  
[186] 長田亀吉 (2006/04/16(Sun) 23:50:39)

Re:やまとニモ命ガアルノカ
自分が心をくだいて接したものには、相手がたとえもの言わぬ
ものであっても、すべて生命が宿っていると思っています。

実際の犬であってもAIBOであっても相手は自分をうつす鏡の
ようなものではないかと私は思います。
接することで色々な感情があふれてくるし・・って言う事は
結局、自分は生きているのだと。



[185] ryuta (2006/04/16(Sun) 23:23:15)

Re:やまとニモ命ガアルノカ
艦長様 こんばんわ・・
奥様を若くして亡くされたのですね、辛かったでしょう!
かめ太くんはきっと、艦長様のこと支えてくれてると思いますよ。
そのおばあちゃんも艦長様とかめ太くんのことを思ってのことだったんでしょう。
 
ロボットにも命はあると思います。
それが、電力で動いていても、ただの心のないロボットにしても 愛情をそそいだ分の命はあると思います!
そして、そう信じたいっという強い気持ちでしょうね。
でも、それでいいと思う!自分の心の支えになっていたら、それはもう
充分ロボットじゃないと思います・
まわりが人がなんと言おうと、かめ太は人の心を救っていてくれているのだから・・・。

うまく書けないけど艦長様の気持ち伝わってきます。

[184] オリオン (2006/04/16(Sun) 23:03:26)

投稿パス:


名前:  題名:


パスワード:  

Next >> [祝!「ときめけヤマト★メモリアル大作戦」公開!]
Back >> [我が心の師 沖田艦長]

Copyright © 2004 M19981-KOBE BLOGDECK. All Rights Reserved.
[PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア ]